ビジネス用語集@blog

仕事で役立つビジネス用語。経営からマーケティング、ITや財務と幅広いジャンルを網羅。ちょっとした調べ物に役立つビジネス用語集。
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営・マーケティングブログランキング、今日のNo.1は?
Business Blog Rankingはこちらから
にほんブログ村 経営ブログへ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【日本未発売】悪用厳禁!説得の心理技術-欲しい結果が手に入る「影響力」の作り方 

悪用厳禁!説得の心理技術-欲しい結果が手に入る「影響力」の作り方

settoku.jpg


全ビジネスマン必見!説得の心理テクニック


あなたはどのような仕事をしているでしょうか?

営業、販売、マーケティング、広告・宣伝、コピーライティング、プレゼン、交渉。
どんな仕事をしているにしろ、必ず必要にスキルがあります。

それが「説得」の技術です。

ビジネスというのは人と人とが関わるもの。
そこには人を説得するというプロセスが必ず絡んできます。

いかに説得ができるか?
それがビジネスを成功に導く大きな分かれ目になります。

これは対外的な顧客に対してだけではありませんよね?
社内で意見を通す時、部下や上司を説得する時、そういった対内的な場面でも説得の力は必要になります。

ビジネスをやっている以上は、絶対に説得の力は必要なのです。


この本は、その説得のプロセスを体系化した指南書です。


説得の力を究極までに悪用したものは何か?

それは「洗脳」ですよね?
カルト宗教の洗脳がまさにそれに当たります。

この本の著者は、親の影響で幼少の頃からカルト宗教に入信させられました。
その後、カルト宗教に違和感を感じ、自分自身の力でカルト宗教から脱会。

そして、その経験から、「なぜ人は簡単に洗脳されてしまうのだろう?」という疑問を持ち、自ら研究に取り組んだそうです。

現在では、全米No.1の説得のプロフェッショナルとして活躍するまでになっています。


表紙やリンク先のページにもこう書いてあります。


「悪用厳禁」


これは、この本に書かれている説得の技術を使えば、
いくらでも悪用できてしまうからです。

それはビジネス面においてだけではなく、人間を操作する力を持ちますので、あらゆる人間関係をコントロールすることもできてしまいます。

その説得の技術を「洗脳」として悪用するのか、
「説得」としてWin-Winの関係構築に使うのかは、使う側の人間、つまりあなた次第になるのです。

だから「悪用厳禁」なのです。


この本は説得に至るまでのプロセス、その過程で動く人間心理、説得のために使うテクニックが凄くわかりやすく書かれています。

一つ一つ読み進めているだけで、説得するためのプロセスが頭にスッと入ってくると思います。

また、説得の技術を効果的に使うための

「営業ではどう使えばいいのか?」
「広告にはどう使えばいいのか?」
「ホームページではどう使えばいいのか?」
「プレゼンや交渉ではどう使えばいいのか?」

といったように、ケースに合わせた導入方法も紹介されているので、非常に実践的でダイレクトに役に立ちます。

何より、「何故人は説得されてしまうのか?」「そして何故人は洗脳されてしまうのか?」という説得や洗脳に至る人間心理が解説されているので、これだけでも非常に役に立ちます。


説得というプロセスは、ビジネスをやっている以上絶対に避けて通れないものです。

これは社会人全員に是非読んでほしい一冊です!!


ちなみにこの本は、海外の書籍を独自に翻訳し、ネット販売だけで販売している書籍です。

そのため、一般の書店やアマゾンでは手に入れることはできません。
このリンク先のページだけで購入できる本です。

販売数量も上限が限られていると思いますので、在庫切れの場合はご了承ください。


海外の原書は、米アマゾンでも★4.5と高評価を付けている本です。
是非手に取って読んで欲しいと思います。


<追記:2013年7月4日>

予想以上の申し込み殺到により、
初版本が完売になり、現在増刷しているそうです。
そのため発送が遅れているそうです。

申し込み順に順次発送とのことですので、
お申込みはお早めにすることをお勧めします。


>> 詳細と購入はこちらをクリック


■本書の活用法:

まずは本書を頭から通して一読することをオススメします。
その際は、全て理解できなくても、もちろん記憶できなくてもいいので、
とにかく通して最後まで一度読んでみることです。

そうすることで、本書の内容や言いたいこと、
やるべきことの概要が掴めると思います。

その後、今度はもう一度最初に戻って、
今度は自分のビジネスにどう当てはめていくかを考えながら、
本書を再読するいいでしょう。

最初から読み直すのがキツイ場合は、
本書は各項目や各章ごとの最後に要約やチェックポイントといった
「まとめ」がありますので、そこを参照しながらより詳しく考察したいところは
本文を参照しつつ、自分のビジネスへの当てはめを考えていくといいでしょう。

そうやって読み進めていくことで、
最後まで終える頃にはビジネスを成功へ導くためのプランが
完成していることと思います。


これを各ビジネス事、各ケースごとに行なっていくといいでしょう。
繰り返していくたびにプラン作成の時間も短縮されていくでしょうし、
慣れとともにプラン構築が見に付いていくと思います。

セールス、営業、マーケティング、プレゼン、交渉など
ビジネスの色々なケースに活用できるでしょう。


■中身を読まなくてもわかる本の要約:

説得の心理技術

まえがきより

人は皆、ものごとが
自分の望みどおりに進めばいいと思っている。

われわれは赤ん坊の頃から
周囲の人々を説得しようと試みている。

声をあげて泣き、笑い、両手でテーブルをバンバン叩く。
原始的ながらーー効果的な方法だ。

子ども時代、母親と一緒にスーパーマーケットへ
行ったときのことを思い出してほしい。

お菓子を買ってほしいとねだらなかったか?
これが説得という行為である。

学生時代に誰かをデート
に誘ったことがあるのではないか?
これも説得である。

ところが社会に出ると、
他者を説得するために必要な粘り強さが
いくぶんか失われてしまうように思える。

恐れてはいけない。

営業販売、接客、社内コミュニケーション、
友人や家族など、状況や相手を問わず、
他者を説得するために一体何が必要なのか。

その疑問に答えるのが、本書である。

自分が思い描いているビジョンや全体像を
他者に理解させてから、同意を取りつけ、

自分の望むとおりに他者に動いてもらうまでの
一連のプロセス、
あるいは単純に他者から同意を得ることは、
独自のスキルと科学的知識を要する行為だ。

本書ではそのスキルを伝授する。


■目次:

はじめに
Chapter1 操作
Chapter2 説得
Chapter3 ペルソナ 目に見えない説得者
Chapter4 パワーと信頼性の移行
Chapter5 ストーリーを語る
Chapter6 グルダム
Chapter7 信じたいという欲望
Chapter8 親近感
Chapter9 排他性と入手の可能性
Chapter10 好奇心
Chapter11 関連性
Chapter12 許可を与える
Chapter13 すばやく説得できるツール
Chapter14 説得の方程式
Chapter15 説得力を営業販売に生かす方法
Chapter16 説得力ある宣伝広告を制作する方法
Chapter17 説得力ある交渉術
Chapter18 電子通信技術を利用して説得する方法
Chapter19 説得術の習得


■著者紹介:

デイブ・ラクハニ

全米屈指の「説得術」のエキスパート。世界初のビジネスアクセラレーション・ストラテジー企業「ボールド・アプローチ」社長。7歳から母と弟と共にカルト教団で過ごすが、教団に疑問を感じ、学校教育を求めて、16歳のときに1人で脱会。学業のかたわらで、洗脳や心理学、カルト教団の心理操作などについて独学。その後、NLPの創始者リチャード・バンドラーに師事、以来、20年以上にわたって「影響力」についての研究を続ける。

起業家としても成功し、20年間に10以上のビジネスに成功させた。現在は、世界各国の企業に対して、セールス、マーケティング、パブリシティを指導して急成長を実現させるほか、IBM、米国陸軍、マイクロン、GEなどの米国有数の企業を始めとした世界各国の企業や業界団体で講演を行うなど、精力的に活躍中。「ウォールストリートジャーナル」「アントレプレナー」「セリング・パワー」ほか大手新聞、雑誌を始めとしたメディアでも活躍している。




不思議に思ったことがありませんか?


なぜ、聡明かつ知的である人が
カルト教団に簡単に操作されてしまうのか?

なぜ、彼らは洗脳されていることに
いつまでも気付かないのか?

そして…なぜ、彼らは
「自らすすんでその道を選んだのだ」
と思い込んでいるのか?


実はカルト教団の操作や洗脳のプロセスには、
危険でありながらもシンプルで絶大な効果を生む
「説得の方程式」が隠されています。


7歳のころからカルト教団で過ごした
デイブ・ラクハニはカルト教団の
洗脳や操作のプロセスを徹底的に分析し、

それをビジネスや生活の場での説得に
応用する方法を長年研究してきました。


そして、ついに見つけたのです。

時間をかけずに人を説得する
この「説得の方程式」を。


そして、それを一冊の本にまとめました。
それがこの本「説得の心理技術」です。


悪用すれば大変危険な本ですが
ビジネスやコミュニケーションで使えば
非常にオススメできる一冊です。


もしあなたが

・もっと新規客を獲得して売上を伸ばしたい。
・できるだけ有利な条件で取引をしたい。
・部下や社員にもっと積極的に仕事に取り組んでほしい。
・気になる異性から注目してもらいたい。

といった「人を動かす」ことに興味があるなら
是非、一度チェックしてみてください。

amazon.comのレビュー4.5の
実用的且つ、非常にオススメできる一冊です。

仕事で人を動かすことがある人は
是非、一度チェックしてみてください。


>> 詳細と購入はこちらをクリック


経営・マーケティングブログランキング、今日のNo.1は?
Business Blog Rankingはこちらから
にほんブログ村 経営ブログへ
スポンサーサイト


テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : マーケティング セールス 販売 交渉 プレゼン 広告 宣伝 説得 洗脳 コピーライティング



[ 2013/07/02 17:13 ] オススメのビジネス書籍 | トラックバック(-) | コメント(-)

【日本未発売】シリコンバレーの交渉術 YESを引き出す<売り込み>の科学 

シリコンバレーの交渉術 YESを引き出す<売り込み>の科学

シリコンバレーの交渉術

営業やプレゼンなど、セールス・説得に携わる人は必見の書籍です!

ビジネスの交渉を成功させるための
交渉術を最新の脳科学を元に
分かりやすく解説した本です。

著者はアメリカで1億ドルを動かし
売り込みの天才とも言われる
スーパーネゴシエーターです。

交渉を何分間でどのように進めればいいか
極めて具体的に解説してくれている本なので

営業の方だけではなく仕事をする人なら
どんな人にもオススメできる一冊です。




もし、あなたが、

・ 売り込みをする時、どれくらいの時間すればよいんだろう?
・ その時間内でどんなことを言えばいいんだろう?
・ それをどんな順番で進めればよいのだろう?
・ プレゼンで大成功した人は何を提示しているんだろう?
・ その時、どんな説得方法を使っているんだろう?
・ その相手は、なぜ説得されたんだろう?


といった状況にあるなら、この新刊本の
「シリコンバレーの交渉術 YESを引き出す<売り込み>の脳科学」
はあなたにとって非常に役に立つ本になるかも知れません。


最新のニューロエコノミクス(神経経済学)分野の
研究成果によると、すばらしい売り込みというのは、
技術でなく科学だということが明らかになってきました。



実は著者のオーレン・クラフによると
売り込みが上手くいくかどうかの鍵は
人間の脳の構造に隠されていたと言うのです。


人間の脳は3つの領域に分けられます。

1つは知覚や思考などを司る大脳新皮質。
その下にあるのが感情や記憶を司る大脳周辺系。

そして最後の1つが、
売り込みや説得の成功の”鍵を握る”
脳幹と言われる「本能」を司る部分です。


オーレン・クラフはこの脳の仕組みを応用して
脳が受け入れやすい交渉メソッドを開発。

シリコンバレーの大きな資金調達交渉を
いくつも成功させてきました。


しかし、なぜ売り込みや説得において成功の鍵を握るのが
思考を司る大脳新皮質ではなく脳幹なのでしょうか?

そして、オーレン・クラフの
脳が受け入れやすい交渉メソッドとは
一体どんなものなのでしょうか?

それは、、、


シリコンバレーの交渉術 YESを引き出す<売り込み>の科学


本の概要:

何かを売り込むとき、
売り込む側と 売り込みを聞く側には
根本的なズレがある。

その結果、何としても
相手を説得しなければならない
ここぞというときであるにもかかわらず、
10回のうち 9回は失敗することになる。

一番重要なメッセージが
相手に届く可能性は驚くほど低いのだ。

それを克服し、
首尾よく売り込み、利益を得るには、

なぜそのようなズレが生じるのかを
理解しなければならない。

(中略)

これからお話ししていくが、
人間の脳には進化上の欠陥がある

ーー脳というハードウェアの配線が
うまくいっていないのだ。

売り込みを成功させるには、
これを理解した上で対処しなければならない。

(中略)

魅力的で買わずにはいられないような商品を
売るのではない限り、

脳の働き方に合った売り込みを
しなければならない。

その方法をお伝えするのが、
本書の目的である。


目次:

はじめに

PART1 売り込みは科学である
CHAPTER 01 売り込むための「メソッド」
CHAPTER 02 フレームをコントロールする
CHAPTER 03 アルファを得るためのステータスゲーム

PART2 売り込みの実践
CHAPTER 04 アイデアを提示する
CHAPTER 05 相手に行動を起こさせる
CHAPTER 06 欲しいと思う気持ちをなくす

PART3 頂上を目指す
CHAPTER 07 ケーススタディ:巨大案件をまとめる
CHAPTER 08 ゲームを楽しむ


著者:

オーレン・クラフ

投資銀行、インターセクション・キャピタルのキャピタルマーケット担当重役として、シリコンバレーなどの投資家や機関投資家から巨額の資金を調達。ニューロサイエンスを取り入れ、クラフの斬新な手法で資金調達をするインターセクション・キャピタルは、運用資産残高が2億5000万ドルに達した。

クラフは、資金調達モデルのスペシャリストで、金融商品Velocity の開発者の1人でもある。Velocity はプライベートエクイティ会社やベンチャーキャピタルから1億ドルを上回る資金を集めている。カリフォルニア州、ビバリーヒルズ在住。


こちらの書籍も、国内の書店やアマゾンでの取り扱いはなく、
こちらのリンク先だけで購入できる、独自に翻訳した日本未発売の書籍です。


ビジネスというのは、全てにおいて説得の連続です。
物を売るのも、プレゼンで案件を獲得するのも、交渉を有利に進めるのも、
全てにおいて説得の技術が必要になってきます。

人を説得する力が身につけば、ビジネスマンとしての大きなステップアップになります。
ビジネスに携わる者としては、読んでおいて決して損はない一冊だと思います。

個人的にも是非紹介したかった書籍です。

シリコンバレーの交渉術 YESを引き出す<売り込み>の科学の詳細・購入はこちらから



【WEB INFO】

社会人からの友達の作り方とは?
社会人になってからも友達を作りたい。そう思うなら知っておいて欲しいことがあります。
社会人には社会人なりの友達の作り方があるのです。
友達の作り方を知ることで、友達を増やしていくことができます。
>> 社会人になってからの友達の作り方



経営・マーケティングブログランキング、今日のNo.1は?
Business Blog Rankingはこちらから
にほんブログ村 経営ブログへ

タグ : ビジネス書 交渉 セールス 説得 プレゼンテーション 営業



[ 2013/01/08 15:51 ] オススメのビジネス書籍 | トラックバック(-) | コメント(-)

【日本未発売】テッド・ニコラスのマーケティング戦術成功法則大全ービジネスの仕組みを作り出すDRM戦略 

テッド・ニコラスのマーケティング戦術成功法則大全

テッド・ニコラスのマーケティング戦術成功法則大全

ダイレクトレスポンスマーケティングの緻密な戦略
ビジネスを作り、売上を上げる仕組み作りを知りたいなら必見


世の中には多くの優秀なビジネス書がありますが、日本に入ってくるものは極僅かです。
日本では未発売にも関わらず、海外ではベストセラーとなり、
高い評価を受けているものも、数えきれないほどあるのです。

今回もそんな日本未発売ながら、海外では高い評価を受けているビジネス書
独自翻訳本の紹介です。

もちろんアマゾンや一般書店では販売されていません。
このリンク先からだけ購入できる良書です。


今回のテーマは「マーケティング」です。
米国ではシュガーマンと並んでダイレクトレスポンスマーケティングDRM)の
巨匠と言われているテッドニコラス

テッドニコラスが実際にあった事例をもとに、
DRMでいかにして売上をあげていくか、売る仕組みを作るか、
それを解説した内容です。

インターネットが必須となっている現在のビジネスでは
DRMは欠かせないものとなっています。
特に個人がビジネスを始めたり、小規模のビジネスをゼロから作り上げたりするには
DRMは外すことは絶対にできないでしょう。

実は大手企業のビジネスが躓いてしまうのも、
現代のDRMについていけなくなっていることにあります。

この書籍は、マーケティングといっても
大企業が行うマスマーケティングであったり、
コンサルタントが提案するなんとか分析みたいなものは出て来ません。

というか、今ではそうしたものは、
完全に空論化してきているのです。

この書籍で解説されるテッドニコラスのマーケティングは、
一人の人間に対していかにして戦略を駆使してセールスしていくか、
そしてそれを仕組み化していくか、です。


ですからマスマーケティングのような机上の戦略ではなく、
実際に売り上げに繋がる実践的な戦略になっています。

個人でビジネスをこれから始めたい、
ゼロから収益構造を作り出していきたい、
十把一からげのマーケティングではなく、
一人の人間に対して緻密なロジックで販売していくスキルが欲しい、
そういう人にとっては必読の内容だと思います。

そして結局は、一人一人に対するアプローチを積み上げていくことが、
大きな売上を生み出していくんですよね。

1人に売るのと100万人に売るのも、基本は同じです。
1人に売ることを積み重ねていくことが、結果的に100万人の売上に繋がるのです。

正直、100万人に対するセールス手法を学んでも売上に繋がりません。
あなたという1人のビジネスマンのスキルアップにも繋がりません。
知識としてはいいですけどね。

あなたという1人のビジネスマンに必要なスキルは、
1人の人間に対して売っていくスキル、その仕組を作るスキルです。
なんとか分析などを学ぶより、こうした内容を学んだ方が、
あなたというビジネスマンのスキルアップに確実にプラスになると思います。

・インターネットでビジネスを行なっていきたい人
・ゼロからビジネスを作り出していきたい人
・1人のビジネスマンとしてスキルアップしたい人
DRMを使いこなせるようになりたい人


こういった人は読んでおくべき書籍です。

広告、セールス、マーケティング、
将来的に自分でビジネスをやっていきたい。
そういう人は「現代広告の心理技術101」と併せて絶対に読んでおくべきですね。

追伸:
用語集を解説していながら言うのも何ですが、
SWOT分析とか○○VMSやらを知識として学ぶよりも、
こうしたことを学ぶことが本当のビジネススキルなのではないかと思います。


>> 購入はこちらから



書籍内容:

7000億円の知識

著者のテッド・ニコラスは
アメリカではシュガーマンと並び称され、

その生涯で7,000億円もの商品を売ってきた
マーケティング業界の生きる伝説です。

「起業家の中の起業家」と呼ばれ、
23もの会社を設立し、7000億を売り上げ
14冊のベストセラーを書いた著者でもあります。

この本ではそんなテッドニコラス
過去から現在に至るまで自分の経験から得た
効果のある戦術をだけを書いています。

売れるキャッチコピーの作り方や無料の使い方など、
すべてはテッド・ニコラスが自身で効果を確認した、
効果のある実践テクニックばかりです。

まさに時代を超えて成功し続ける
普遍のマーケティング戦術が書かれた一冊です。


目次:

Chapter1 あなたの言葉をお金に換える法

1 本当のビジネスとは数字ではなく、言葉である
2 どんな買い物でも支払額を少なくできる
3 ダイレクトマーケティングによるセールスマン教育
4 ダイレクトマーケティングの将来像
5 素晴らしいアイデアはどこから生まれるのか
6 成功への道を妨げる1 7 の間違った信念
7 永久に利益を生み続ける会社の作り方

Chapter2 魔法の言葉を駆使して成功する 従業員の報酬を決めるには

8 ビジネス成功のカギ黄金のUSPの作り方
9 精神的に豊かな会社から収益をあげる方法
10 成功するために絶対不可欠な力
11 圧倒的な売り上げを実現する「成功の方程式」

Chapter3 お金を生む広告コピーの秘密 注文用クーポンの重要項目

12 莫大な利益をあげるヘッドラインの書き方
13 億万長者になれる広告の秘訣
14 セールスレターで成功する33のコツ
15 思わず開封したくなる「ティーザー」コピーの秘密
16 最強の魔法の言葉「無料」を駆使する3 8 の方法
17 新商品を話題にして売り出す方法

Chapter4 あなたの人生を変える魔法の言葉

18 ダイレクトメールキットで言葉の壁を越える
19 スピーチから利益を得るための新アプローチ
20 売れる本を書けるようになるちょっとした真実
21 インフォマーシャル広告で一財産作るコツ
22 誰も言わなかった電話帳広告で大儲けする秘訣
23 海外ライセンスなら働かずに財産が増える
24 確実・簡単に儲かる! ステップマーケティングのすごいワザ

Epilogue 大富豪ほど知っているお金の重要性


著者紹介:

テッド・ニコラス

ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の伝説のマーケター、コピーライター。

17歳からビジネスを始め、21歳で始めた小さなキャンディー店を30店舗のフランチャイズ事業に発展させた後、出版ビジネスに参入。書籍「50ドル未満で弁護士無しで会社を作る方法」をダイレクトレスポンス広告によって直販でミリオンセラーにしたのを皮切に、91年に会社を売却して引退するまでの間に次々とビッグヒットを連発した。

出版ビジネス引退後はコンサルタントとして、世界のコンサルタントを指導。世界的なホテルチェーンのマリオットコーポレーション、アメリカ及びイギリスで最大規模の自己啓発プログラム販売会社のナイチンゲールコナント社のほか、アゴラパブリッシング、マークジョイナーなどダイレクトレスポンス広告界の巨人たちがクライアントとし名を連ねる。


概要:

7,000億円の本

もし、会社の商品やサービスの売上が低迷している。
理論ではなく、すぐに実践できるマーケティングのテクニックが知りたい。
マーケティングを担当していて、売上の上がるキャンペーンを企画したい。
起業して、成功したい。

この中のどれか一つでもあてはまるなら、
この本「マーケティング戦術成功法則大全」
はあなたにとって役立つモノになるでしょう。

この本の著者は、ダイレクト・マーケティング界で
今までに7000億を売り上げた生きる伝説、テッド・ニコラス。

この本は彼が過去から現在に至るまで自分の経験から得た
効果が実証済みのテクニックを包み隠さず話しています。
単なる理論ではありません。

時代を超えて結果を出し続けてきた、
実践可能な秘密のマーケティング戦術を是非チェックしてください。


あなたは既にマーケティングや販売促進について、
何冊か本を読んでいるかもしれません。

そして、その本を読んでも、「実際に使えるモノがなかった」
と嘆いているかもしれません。

なぜなら、、、

実はマーケティング本というのは2種類あります。


1つは、具体的なノウハウを提供せず、
薄っぺらい上辺の知識だけを提供してその本を買った人に
高額のセミナーや教材を売る目的の本。


もう一つが超一流のマーケッターによって書かれた
本質をズバズバ突いたマーケッターにとっての
「バイブル」と呼べる本。


あなたならどちらの本を手に入れたいですか?


この本の著者は、ダイレクト・マーケティング界で
今までに7000億を売り上げた生きる伝説、テッド・ニコラス。


彼は「企業家の中の企業家」と呼ばれ、23もの会社を
設立し、14冊のベストセラーの著者でもあります。

この本で伝えているのは、彼が自分自身の会社に投資し、
自分の経験から得たもので、過去から現在に至るまで
効果は実証済みです。単なる理論ではありません。

本当に効果があるものから選んで、自らの秘密を何ら
隠すことなく明かしています。

この本で学べる一部を紹介すると

・今すぐ売り上げを上げる10の方法
・申し込み数を2倍にするある作戦とは?
・成功するU.S.Pをどう作るか?
・お金を生み出すセールスレター33の鉄則とは?
・大きなビジネスを構築する上で最初にすべき仕事
・億万長者になれる広告の秘訣
・「無料」を使って賢く儲ける38の方法

これらの他、時代を超えて結果を出し続けてきた、
実践可能な秘密のマーケティング戦術が満載です。

オススメですので是非手に入れておいてください。

>> 購入はこちらをクリック




【PR】職場の人間関係を良くしたい方へ
職場での人間関係は、現代人のストレスの大きな要因です。
いかに職場での人間関係を良好に保つかで、仕事の成果にも繋がりますし、
快適な職場環境にも繋がってきます。
職場での人間関係を上手くやっていきたいという方は、その方法を学んでみては?
>> 人間の基本的な心理|職場での人間関係を良好にする方法


経営・マーケティングブログランキング、今日のNo.1は?
Business Blog Rankingはこちらから
にほんブログ村 経営ブログへ

テーマ : お勧めの一冊! - ジャンル : ビジネス

タグ : マーケティング ビジネス書 テッドニコラス DRM



[ 2012/03/24 15:50 ] オススメのビジネス書籍 | トラックバック(-) | コメント(-)

【日本未発売】「現代広告の心理技術101」間違いなくこれからのバイブルとなるビジネス書 

現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101

大反響!セールス心理学の決定版

世の中には多くの優秀なビジネス書がありますが、日本に入ってくるものは極僅かです。
日本では未発売にも関わらず、海外ではベストセラーとなり、
高い評価を受けているものも、数えきれないほどあるのです。

その中でも、これからのマーケティング、コピーライティング、セールスの分野の
バイブルとなるであろう書籍が、この「現代広告の心理技術101」です。

米国のアマゾンでも5つ星を獲得しているベストセラーがついに翻訳されて日本に上陸しました。

名著と言われている「影響力の武器」やコピーライティングのバイブルと言われている
シュガーマンの「10倍売る人の文章術」などを始めとした、
マーケティング、販売テクニック、広告などの名著の
エッセンスがぎっしりと凝縮された書籍です。

この一冊を徹底的に読み込み、自らの知識に落としこむことができれば、
大きなスキルアップになることは間違いありません。

マーケティング、コピーライティング、セールスなど、物を売るビジネスをしている人は、
持っているべき書籍だと思います。

人が物を買うには理由があります。そして、売れる物には明確な仕掛けがあります。
その心理とテクニックを全て網羅したと言っても言い過ぎではないでしょう。
一つ一つの解説は簡潔ですが、決して表層的であるとか、解説が浅いということはありません。
一切の無駄を省いているからこそ、簡潔にまとめられています。

ビジネス書には多くの名著がありますが、その全てに目を通す前に、
まずこの「現代広告の心理技術101」に目を通しておくことをオススメしておきます。

ちなみにアマゾンや一般書店では購入できません。
こちらで紹介するリンク先からだけで購入できます。

これは本当に購入しておいた方がいいです。

初版が即日完売となり、増刷が決定しました。
入荷まで時間がかかると思いますが、待つ価値はあると思います。

大手出版社や広範な流通で販売しているような書籍ではないため、
絶版になる可能性も十分ありますので、その時はご了承ください。

※増刷分1500冊が28日に入荷されるそうですが、追加で900冊既に注文が入っているため、残りは600冊ほどになるそうです。その後の増刷があるかどうかは、まだわかりません。
手に入れたい方はお早めに!
(2月28日(火)現在)

※現在、無料のお試しキャンペーンをしているようです。
無料で申し込みし、もし気に入らなければ30日以内に返品すれば料金はかかりません。そのまま手元において30日経過すると、料金が自動的に引き落とされます。つまり、今、この本を読むのに必要なのは送料だけということです。ちなみに全部読んでから返品しても構わないそうです。
といっても、これ読んだら手放す人いないと思うのですが。(3月6日(火)現在)

※1000冊限定の無料お試しキャンペーンは、申し込み殺到により完売いたしました。通常販売の受付は行なっております。(3月11日(日)現在)

購入はこちらから


目次:
NTRODUCTION 顧客は買いたがっている!
CHAPTER 1 人々が本当に求めているもの
CHAPTER 2 相手の頭の中に入る方法 消費者心理の17の基本原則
原則1 恐怖という要素
原則2 自我の変形
原則3 転嫁
原則4 バンドワゴン効果
原則5 手段・目的連鎖
原則6 理論を超えたモデル
原則7 接種理論
原則8 信念のリランキング
原則9 精緻化見込みモデル
原則10 影響力の6つの武器
原則11 メッセージの構成
原則12 セルフ・デモンストレーション
原則13 二面性のあるメッセージ
原則14 反復と重複
原則15 修辞疑問文を使う
原則16 証拠
原則17 ヒューリスティックス
CHAPTER 3 買わずにいられなくなる秘密のテクニック 買わせるための41のテクニック
CHAPTER 4 ホットリスト レスポンスを急増させる101の簡単な方法
EPPILOGUE 広告のプロが最後に言いたいこと


著書:ドルー・エリック・ホイットマン

「ドクター・ダイレクト! TM」として知られる米国ダイレクトレスポンス広告界の第一人者。11歳からダイレクトレスポンス広告による販売を始め、テンプル大学で広告学の学位を取得後、広告の世界で頭角を現す。フィラデルフィア最大の広告代理店のダイレクト・レスポンス部門で長きにわたって活躍、世界最大手のダイレクト型保険会社でシニア・ダイレクトレスポンス・コピーライターを務めたほか、カタログ大手のデイ・タイマー社でアソシエイト・コピー・チーフを務めた経験を持つ。全米自動車協会、アドバタイジング・スペシャルティ・インスティチュート、米国在郷軍人会、アモコ、ファーバー・カステル、テキサコ、デイ・タイマーなど、アメリカで最も成功している多数の大手企業や組織が彼の広告を採用している。現在はコピーライター、トレーナーとして活躍中。

著書に『The $50,000 Business Makeover Marathon(5万ドルの会社改造計画)』 (共著)がある。全米各地の商工会議所で開催し、高い評価を得ている「CA$HVERTISING」短期集中広告セミナーの開発者、プロデューサーでもある。


概要:

どうすればお客は行動を起こすのか?

メルマガやアフィリエイト、
リスティングなどのネット関連の広告に限らず、

ダイレクトメールや雑誌広告などの
オフラインの広告に至るまで

文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか?
ということを”知っている”のは非常に重要です。

そしてそういったことに興味があるなら
「広告の心理学」を解説したこの本
「現代広告の心理技術101」が役に立つでしょう。

お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは?

もしあなたが、

売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。
ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。
ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。
そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。


といったことに興味があるなら
きっとこの新刊本「現代広告の心理技術101」が
とても役に立つでしょう。

なぜならこの本は数多くの実験結果から導かれた
「どうすればお客は行動を起こすのか?」という
顧客の行動心理を徹底的に解明した本だからです。


メルマガやアフィリエイト、
リスティングなどのネット関連の広告に限らず、

ダイレクトメールや雑誌広告などの
オフラインの広告に至るまで

文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか?
ということを”知っている”のは非常に重要です。


というのも、広告を見た見込客が
何に反応してどういうアクションを起こすのかという
「広告の心理学」を知ることで
実に簡単に商品を売ることができるからです。


そして、この「広告心理学」を知っていれば
高度なコピーライティングの知識も必要ありません。


この本は

・パワフルな広告、パンフレット、セールスレター、ウェブサイトの作り方
・あなたの言葉を人に信じさせる方法
・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
・広告で絶対にやってはいけないこと

などなど、あなたが何をどう売っていようと
こうした顧客を動かす「秘密」を学ぶことができる
特別な一冊になることでしょう。


amazon.comで★5つの
超オススメの本なのでなくなる前に
是非、手に入れておいてください。

「現代広告の心理技術101」の購入はこちらから


経営・マーケティングブログランキング、今日のNo.1は?
Business Blog Rankingはこちらから
にほんブログ村 経営ブログへ

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル : 本・雑誌



[ 2012/02/18 23:29 ] オススメのビジネス書籍 | TB(0) | コメント(-)

インカムゲイン 

一般的に、配当、利息収入や途中受取利息の再投資から得られる運用益をインカムゲイン(Income gain)と呼ぶ。
持っている株式の配当や、債権・国際・預金などの利息のことを言う。
資産運用や投資などに対する利益のひとつで、資産を手放すことなく安定的・継続的に得られる利益がこれにあたる。

逆に株式の値上がりの歳の売却益や、不動産などの価格変動によって得られる利益をキャピタルゲインという。

インカムゲインキャピタルゲインは、税率が異なるなど税法上異なる扱いを受ける。



友達の作り方はこちらから


経営・マーケティングブログランキング、今日のNo.1は?
Business Blog Rankingはこちらから
にほんブログ村 経営ブログへ

テーマ : 証券・金融関連業務 - ジャンル : ビジネス

タグ : インカムゲイン キャピタルゲイン 財務 会計 金融 株式 証券 不動産



[ 2011/04/24 06:05 ] 財務・会計 あ | TB(0) | コメント(-)
カテゴリー
該当カテゴリーをクリックすると五十音順に表示されます
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。